むくみ解消には水分コントロール~嫌なむくみの解消情報~

いつまでも健康で

漢方

漢方薬を飲むことによって更年期障害を予防したり治療をすることがd系るようになっています。更年期障害は非常に精神的に不安定な状況に陥ることになりますので、なるべくこうしたもので治療をするようにしましょう。

Read More...

下肢の浮腫をとる方法

数種類の錠剤

浮腫の原因

むくみは医学用語で浮腫といい、細胞間の体液が増えて外から触れる状態になった腫れのことです。下肢のむくみは、うっ血性心不全・慢性肺疾患や睡眠時無呼吸のヒトにおこる肺高血圧症・腎不全・肝不全や深部静脈血栓症など重い病気でおこります。しかし下肢のむくみの最も一般的な原因は、特発性浮腫と静脈不全です。特発性浮腫は20代から30代あるいは更年期の女性に多く、顔や手の腫れ・肥満や利尿剤の乱用を伴うこともある原因不明の病気です。静脈不全は高齢者に多く、茶色のヘモジデリン沈着が見られることがある静脈の老化による病気です。非ステロイド性抗炎症薬・血圧を下げるカルシウムチャネル遮断薬やステロイド剤などの副作用として、下肢のむくみがでることがあります。

浮腫の治療

むくみの解消法で薬がむくみの原因になっている場合は、医師が変更します。一般的な解消方法としては、適度な運動をして足を高くし横になったりマッサージをします。特発性浮腫の解消法には、圧縮ストッキングも用いられます。食事では水分や塩分をとりすぎず体液量を調節するカリウムや利尿を助けるビタミンB6・C・Dを含む食品を十分に摂ります。肥満がある場合には平均体重にします。特発性浮腫を解消するための薬剤としては、ミネラルコルチコイドであるアルドステロンの働きを抑えるスピロノラクトンが用いられます。肺高血圧症をおこす可能性があるタバコは止めます。むくみを解消するサプリとしては、心臓の機能を改善するコエンザイムQ10や赤ブドウの葉由来のポリフェノールなどが使われます。

感情と自律神経

カラフルな錠剤

セロトニンは自律神経のバランスを整える上でかかせない神経伝達物質です。セロトニンの分泌を促すためには、豊かに感情表現をしたり、ストレスを解消する努力をしたり、適度に人間関係を気づいたりといった、人が幸福に生きる上で当たり前のように言われていることが、最も大切なのです。

Read More...

目の疲れからくる病気

三人の男性

眼精疲労には様々な症状があり、治療をする際にも自己判断は危険だという事が分かります。眼精疲労に有効な成分としては、アントシアニンやビタミン類があり、サプリメントで気軽に摂取することが可能です。サプリメントは、種類が豊富であるため、相性の良い商品を選択できるというメリットもあります。

Read More...