むくみ解消には水分コントロール~嫌なむくみの解消情報~

感情と自律神経

カラフルな錠剤

自律神経の意味

セロトニンは自律神経のバランスを整える上ではかかせない神経伝達物質です。セロトニンは副交感神経の働きを高め、精神的安定をもたらします。セロトニンを分泌させるためには、サプリメントなどを摂るほか、日常的な工夫が必要となります。例えば感情表現を豊かにするということです。日本人はあまり感情を豊かに表現することはありません。笑ったり泣いたりして、その落差が激しければ激しいほど、情緒不安定と受け取られる傾向にあります。日本人的な情緒安定とは、感情表現を小さくすることと思われがちです。しかし、セロトニンを分泌させて精神的な安定を得るためには、感情表現を豊かにした方が良いのです。ただし、涙を流したり、怒りを露わにする場合は注意が必要です。失意を日常的に経験したり、怒りを爆発させたりするのは自律神経を大きく乱します。映画や小説など娯楽を上手に利用するようにしましょう。

幸福感を味わうこと

セロトニンの分泌を促すためには、幸福感を味わうことも大切です。それはストレスを軽減させるということにも似ています。ストレスには様々な種類がありますが、それらが解消されれば、普通に生きているだけでも幸福感を味わうことが出来るようになります。例えば、特別なものを食べなくても、バランスの取れた食事と、規則正しい生活をしていると幸福感に満たされ、セロトニンの分泌を促します。必要以上に人との関わりを持ったり避けたりせずに、適度で良好な関係を保つということも、ストレスを解消し幸福感を高めます。このように、当たり前のようで、現代人がどこか忘れがちな人間らしい生活こそが、セロトニンの分泌に大きく関係しているのです。